看護師求人サイトで支援金が受けられる理由

看護師専門の求人サイトや転職支援サイトの中には、転職が成功した際に、数万円の転職支援金がもらえる所があります。

無料で転職情報を提供してもらい、専任のキャリアコンサルタントが付く上、転職支援金まで支給されるなんて、有り難い反面、何か裏があるのでは?なんて不安になる方もいらっしゃるかもしれませんね。 そこで、今回は転職サービスの「転職支援金」の仕組みについてご説明したいと思います。

転職支援金について考える際、重要になるのが「転職支援サービスの利益は、どこから発生しているのか」という点です。 無料サービスとして成り立っている以上、運営会社は必ずどこかで利益を出しているはずですよね。

結論から言ってしまうと、利益の元は、求人を出す病院や企業からもたらされる求人掲載料と紹介料です。インターネットのサービスにおいては、情報の掲載料を得て運営するというのは、スタンダードなビジネスモデルです。

しかし、看護師専門の転職サービスでは、これにプラスして、求人元で良い人材が採用された際、つまり転職が決まった時に、求人元の病院や企業から紹介料が得られるのです。この紹介料の一部が、転職支援金として、転職を成功させた看護師に支払われる、という訳ですね。

どの立場にもメリットがある?

このシステムは非常に良くできていて、求人元は、採用が決まった時にだけ紹介料を支払えば良く、求職者は様々なサービスを無料で利用できるというメリットを得られます。また、転職サービスの運営会社は、支援金を支払うことで有望な人材を確保することができる上、無料でサービスを提供できるという訳です。まさに、三者ともwin-winの関係なんですね。

最近は、求人元から求人情報の掲載料すら取らずに、紹介料だけでサービスを継続している運営会社も存在しているといいます。それだけ、看護師専門の求人サイト、転職支援サービスのシステムは効率良く回っている、ということなのでしょう。

この様に、転職支援金は出所がしっかりした、もらっても全く問題がないお金となっています。支給された場合は、是非、有意義に使って下さいね。

看護師転職のための、お役立ちサイト

転職を考えている看護師のために、豊富な情報を紹介しているサイトです。看護師転職支援サイトの比較情報も充実しているので、求人転職を考えている看護師の方は必見です。
看護師求人うさぎ!~看護師の求人・転職を応援するサイト

長崎県の看護協会です。長崎県で看護師の転職活動を行っている方は、こちらのナースバンクに登録するとよいでしょう。
長崎県看護協会

群馬県の看護協会です。県内の看護学会のイベント情報のほか、看護師のための復職支援セミナーも積極的に開催しています。
群馬看護協会

看護師転職、求人情報をたくさん集めるには?

できるだけ自分に合った職場を見つけるためには、たくさんの求人情報を集めることが重要です。 近年はインターネットを使って求人情報を集める方が増えてきました。

ただ、インターネットを使って求人情報を検索しても病院名を隠しているところがあります。 そのため、詳細な情報を知るためには会員登録を済ませ、転職支援サイトのオフィスに出向いて相談をしなければならないのです。 これは、より希望に近い職場を探すためにも仕方がないことともいえます。

インターネットを使った方法以外にも様々な職場探しの方法があるのでご紹介しましょう。

まず、知人の紹介を利用するという手があります。 離れたあとも看護師学校時代の知り合いと連絡を取り合っているという方は多いのではないでしょうか。 そういった方にお願いして、仕事を紹介してもらうという手もあります。 また、看護師学校に通っている時にお世話になった先生や先輩に声をかけてみるのも良いでしょう。

知り合いからの紹介であればその職場の雰囲気を教えてもらった上で検討することができます。 それに、病院の中には看護師不足の問題を解消するため、職員に対して知り合いの看護師を紹介してくれたら報酬を出すとしているところもあるのです。

知り合いからの紹介では転職が完了するまでの流れがとてもスムーズであるというのは魅力なのですが、知り合いに紹介してもらった手前もあり、自分に合わないと感じたとしても断りにくいというデメリットがあります。

自分としては軽く話を聞くだけのつもりでいたものの、気付けば入職する話に持って行かれてしまったということも珍しくないので注意しましょう。

他にはハローワークを利用するという手もあります。 こちらは看護師に限った話ではなく様々な種類の職探しで定番の方法ですよね。 現在仕事をしている方でも登録が可能なので、ハローワークも活用しながらたくさんの情報を集めましょう。

ただ、ハローワークでは細かい情報が検索しにくいだけでなく、看護師以外に求人もたくさん取り扱っているため、看護師協会が運営しているナースセンターを利用した方が情報を集めやすいかもしれません。

看護師転職、自分で求人情報を集める

退職支援サイトやハローワークなどを使った求人情報探しの方法もありますが、自分の力だけで転職を成功させている方もいます。この方法にはメリットもあれば、デメリットもあるので、それぞれについてご紹介しましょう。

メリットとして挙げられるのが、自分の目で職場を確かめれば、転職支援サイトのコンサルタントに話を聞くよりもより具体的な情報が手に入るということ。例えば、気になっている病院に足を運び、外来診療フロアから様子を確認してみてはどうでしょうか。

その場にいる看護師は、後に同僚になるかもしれない方たちです。年齢層や雰囲気をチェックするだけでも自分が働き始めたとのことを予想できますよね。自分で気になる職場を見つけた場合は、転職支援サイトを活用して応募するのとは少し手順が異なります。

転職支援サイトを活用した場合は、コンサルタントの方に面接希望日を伝えるだけすみますが、直接アプローチをする場合はその医療機関のホームページを確認しましょう。ホームページには採用情報や求人情報について書かれているので、そこに記載されている方法で応募をします。

応募方法や応募が可能な時期は職場によって違うので、こちらも確認しておきましょう。気になることがあった場合は正式を応募する前に電話やメールで問い合わせをした方が良いです。ビジネスメールを送るわけなので、基本的な書き方やマナーついても知った上で問い合わせをしなければなりません。

問い合わせをする際には、応募の意志を表示した上で、名前や年齢、電話番号、連絡先などを記載しましょう。 正式に応募する際にはこれらの情報に加え、簡単な職務経歴、最終学歴、看護師免許を含む取得免許、退職予定日、面接希望日時などを伝える形になります。

デメリットとして転職支援サイトを使って転職活動するのに比べるとどうしても自分でやらなければならないことが増えますが、必ずしもサイトを使わなければ転職ができないというわけではありません。ある程度時間がかかることも想像し、スケジュールに余裕を持って転職活動を行いましょう。

認定看護師について

キャリアアップとして認定看護師を目指している方も多いですよね。認定看護師とは、ある特定の看護分野に精通していることが認められた人のみに与えられる資格です。この資格を取るためには日本看護協会の認定看護師認定審査を受け、合格しなければなりません。

救急看、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護、乳がん看護、摂食・嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、がん放射線療法看護、慢性呼吸器疾患看護、慢性心不全看護 といった21の分野があるので、自分にとって興味のある分野を極めたいと思っている方は認定看護師資格の取得を目指してみてはどうでしょうか。

病院側としても認定看護師がいると信頼度がアップするため、積極的に取得助成制度を取り入れている病院もあります。ただ、どのような助成制度を取り入れているかというのは病院によって違いが大きいため、これから認定看護師を目指そうと思っている方は、病院のサポート状態をよく確認した上で申し込んだ方が良いでしょう。

病院によっては、すべての看護師に対してサポートを行うのではなく、病院側が定めた基準をクリアしている方に対してのみサポートを行う場合もあります。

なかには、認定看護師を目指すために助成制度を取り入れている病院を選んだものの、自分が求めているほどのサポートが受けられず、資格取得を諦めてしまった人もいるようです。

研修期間中の給与や賞与が支給されたり、研修受講に関する費用を負担してもらえるのが当然だと考えている方もいるかもしれませんが、サポート範囲は病院によって大きく違います。特にお金に関するサポートは認定看護師を目指すために重要なポイントになってくるのでよく確認しておいた方が良いでしょう。

認定看護師の資格を取得できればその分野のスペシャリストとして認められるため、転職活動も有利になります。