カテゴリー別アーカイブ: 看護師求人サイト

看護師のキャリアアップ

長く看護師として働くのであれば、キャリアを身に着つけてステップアップしていきたいですよね。では、看護師のキャリアアップとはどのよなものなのでしょうか。

看護師をやっていくうえで、やはり第一に目指したいと思うのが看護師長や看護部長ではないでしょうか。

看護師長はナースステーションなどの現場で看護師の人事やスケジュールの調整、看護職に対する教育、指導、また医療事故防止などの業務を担当して現場の看護師たちを指導していく立場です。

一方、看護部長は師長よりも上の立場になり、院内全体のナースステーションや看護部をまとめていく管理職です。看護部全体の目標や方針を定め、医療事故防止の責任的立場となり院内の他部署との連携も図っていかなければいけません。

看護師は看護師長、副看護部長、看護部長などの職位で管理経験が条件を満たしていれば認定審査を受けられる日本看護協会による認定管理者という資格があります。

この日本看護協会が認定をする認定看護師と専門看護師は看護のプロフェッショナルと言ってもいいでしょう。認定看護師は緩和ケアやがん化学療法看護などの21分野、専門看護師は小児看護やがん看護など10分野があります。

高スキルで熟練した看護師技術や、看護実践能力を持つとされる看護師であると認められた資格で、看護師へのコンサルテーションや医療チーム内のコーディネートなどの役割を担うこともあります。

看護の分野のレベルの向上や各分野の専門家を進めていくためには、この認定看護師や専門看護師はキャリアアップに欠かすことができない資格の1つとなっています。

看護師の仕事には、介護ケアという分野の仕事もあります。これから進んでいくといわれている高齢化社会には看護と介護は切っても切れない業務になってきます。そこで、看護技術を身につけた看護師が新たに介護の勉強をして資格を取得したいと考える人が増えてきているようです。

看護師と介護士の資格を両方持っていれば高齢者施設への転職も有利になるかもしれません。

スキルアップに役立つ!夜勤専従看護師の働き方

看護師は、高度な医療現場の発展に合わせて技術の向上はもちろん、新しい情報や知識もしっかりと身に着けていく事が必要です。

看護師の働き方は沢山ありますが、自分のライフスタイルに合うなら、夜勤専従看護師という働き方もあります。

夜勤専従看護師は夜勤を専門に行う看護師です。どうしても必要に迫られてという事がない限り、日勤につくことがないので、昼夜逆転の生活が主になります。

その事を考えると、夜勤専従看護師は、看護師の職種の中でもハードな職種のひとつでもありますが、昼間自由な時間を使いたい人や、スキルアップのための勉強がしたいなど、自分の今のライフスタイルに合わせて働きたい場合には、かなり有効に使える働き方でもあります。

夜勤専従看護師の働き方は、その勤務する病院によっても様々です。夜勤の勤務体制が看護師と医師のみの病院もあれば、介護士も常駐している病院もあります。人手があるかないかでは、同じ夜勤の仕事でも大きな差がでてくるので、夜勤専従で転職を考えている場合は、勤務先の細かい情報などもリサーチできると便利です。

看護師の転職の場合、かなりの求人があるのが便利な反面、その求人を見比べるのにかなりの労力が必要となります。仕事をしながら、転職先を自力でリサーチするのはかなり大変です。

また、人づてなどでリサーチしても、聞いた通りの条件ではなかったなど、トラブルの原因にもなるので、転職先を探すときは、しっかりとした情報を得る事が必要です。

特に、夜勤専従看護師の場合ハードワークになる事はわかるので、転職先を探すさいにも、夜勤専従看護師に強い、転職支援サービスを利用するなど、あらかじめしっかりとした情報源をもっておくことも必要です。

夜勤専従看護師の働き方は、大変な仕事でもありますが、自分のスキルアップやプライベートの充実など、自分にあった働き方ができ、それが自分の生き方につながっていると思うと、充実した仕事をする事ができるような気がします。

ブランクを抱えた看護師の復帰・再就職

いくら世の中が看護師不足で、売り手市場であると言われていても、 転職や求職活動に不安がないはずはありませんよね。

とくに、なんらかの事情から一旦現場を退き、そのまま何年も経ってしまった方の再就職ともなれば、 「私でもできるんだろうか?」「ちゃんと働けるのかな?」といった不安が尽きません。 そのため、再就職をしたいと望みながらも、いまいち踏み出せない方も少なくはないはずです。

しかし、考えてみてください。看護師という職業は資格職です。 たしかに、長い空白期間を抱えての再就職には勇気が必要かもしれません。

しかし、空白期間(ブランク)を抱えた看護師は潜在看護師と呼ばれ、 看護師不足にあえぐ医療機関ではそんな潜在看護師の復帰も望まれている状態でもあるのです。 せっかく取得した看護師免許です。空白期間を理由に、いつまでも復帰しないでいるのはもったいないかもしれません。 ぜひ復帰して、看護師としてイキイキと輝いてください。

そんな看護師の再就職には、看護師の転職サイトをうまく活用してみましょう。 看護師の転職サイトでは、登録後最初に専属のコンサルタントが面談を行っています。

面談では、その看護師本人が抱えている事情や状態、また本人の希望条件やキャリアをヒアリングしていきます。 この面談で得た情報を元に、その後の転職活動を進めていくのです。 ですので、空白期間を抱えた再就職・復帰を目指している事をコンサルタントに相談してみましょう。

看護師は、まだまだ女性の多い職業です。 そのため、結婚やご主人の転勤、子育てなど、様々な理由から 現場を退かなければならなかった方もたくさんいらっしゃいます。

しかしそんな状態からも、実際に復帰を叶えた看護師が大勢存在しているのです。 転職サイトのコンサルタントは、そんな方々の復帰を見守ってきた看護師転職の専門家です。 不安なことや疑問に思っている事をぶつけ、後悔の残らない再就職を叶えてください。

院内保育室のある病院への看護師転職

みなさんがご存知の通り、近年では、医療現場では深刻な看護師不足が叫ばれています。 そのため、様々な病院や施設では、看護師の確保のために条件や環境の改善が行われています。 院内保育の存在も、そんな動きの一つだと言えるでしょう。

看護師とは、男女限らず目指すことのできる職業です。 最近では、男性の看護師を目にする機会も増えてきましたね。 男性看護師には、女性ではむずかしかった活躍が期待されています。

とはいえ、看護師として働く方のほとんどはまだまだ女性です。 「看護婦さん」から「看護師さん」へと呼び名が変わって久しいですが、 まだまだ女性がほとんどを占めている職業だと言ってもいいのではないでしょうか。

女性が多い職業であれば、当然、その後看護師の結婚や出産、育児など、 これまで通りに継続して働き続ける事が難しくなってしまうようなイベントが起こることも考えられます。

看護師の確保に躍起になっている病院や施設では、そんな子育て中の看護師でも 不安や心配なく勤め続ける事ができるよう、病院内に子供を預けることのできる院内保育が誕生したのです。

実際に院内保育を利用しながら、看護師としての活躍を続けているママは大勢存在しています。 また、保育料の安さもそんな子育て看護師の方々に好評な様子で、 これから子育てとお仕事の両立を考えているママにはとっても嬉しい事ですね。

もしも子育てとお仕事の両立をめざした転職・再就職をお考えなのであれば、 ぜひ看護師の転職支援サイトを活用してみてください。 看護師の転職支援サイトでは、その人その人にマッチしたベストな転職を叶えるため、 きめ細やかな転職サポートが行われており、そのサービスは無料で受けることが可能です。

専属のコンサルタントに、子育て中である事、また院内保育施設を設けた 病院への転職・再就職を希望している事を伝えましょう。

看護師のお仕事は、子育てと両立できます。 無理なく続けていける素晴らしい職場と出会ってください。

看護師転職の履歴書作成

看護師に限らず、転職活動をした多くの方が履歴書の作成に悩んだ経験をお持ちだと思います。 学生時代のアルバイトなどでもおなじみの履歴書ですが、 転職活動での履歴書はアルバイトの時と同じわけにはいきませんよね。

病院や企業などの採用側は、履歴書を通して初めて「あなた」という看護師に出会うのです。 そこでのアピールは大変重要で、そもそも書類選考をパスしなければその後の面接に進むこともできません。 採用側が求める人材像を理解し、正しくアプローチすることはもちろん、 提出時のマナーなども守り好印象を与える必要があります。

丁寧な字で書くこと、これまでの経歴を明確に記載することは大前提です。 より魅力的な履歴書を作成するのであれば、そこに魅力的な志望動機が必要になってきます。

志望動機は、履歴書作成において最も多くの方を悩ませる欄なのではないでしょうか? ネットで調べた、当たり障りのない文章をそのまま使ってはいませんか? 「書類選考をなかなかパスできない・・・。」とお悩みの方は、 もしかすると志望動機が原因となっているのかもしれません。

志望動機作成のポイントとしては、まず自己分析を怠らない事です。 自分の得意分野や、これまでのキャリア、また目指している看護師像を見つめ直してみましょう。 そのなかから、採用側が求める人材像にふさわしい要素をリンクさせ、 「この求人にベストな人材だ!」というアピールをしてみてください。

確固たる志望動機は、入職後のモチベーションにも繋がります。 だれでも当てはまるような文章ではない、オリジナルな志望動機を作りましょう。

また、これらの作業には不安や疑問がつきものです。 自己流で行う履歴書作成に自身の持てない方も、看護師の転職サイトを活用する事をお勧めします。 転職サイトのコンサルタントは、履歴書作成のサポートも無料で行っていますので、 採用担当の目に止まる魅力的な履歴書作りにきっと役立つはずです。

看護師が転職する場合、7対1看護か10対1看護か?

看護師が転職するときは、いろいろと事前に情報収集をします。 そして、ひとつのポイントは仕事のハードさだと思います。 ここでは、看護師が転職する場合、7対1看護か10対1看護かをテーマに考えてみましょう。

基本的には7対1看護の方が看護師の人数がゆとりがあると言われていますし休みをとりやすい印象があります――実際はどうでしょう。 2006(平成18)年4月から診療報酬が変わりました。 7対1看護をする病院には診療報酬の最高ランクが位置づけられて入院基本料を上乗せできることになりました。

これによって看護師の採用意欲は全国的に高まりました。 全国各地の病院は7対1看護を実現して経営状況を改善しようと躍起になったわけです。 けれども中途採用をする転職マーケットから大勢の看護師を採用するのは簡単にはできません。

そのために新卒看護師の採用を増加しようと力を入れ始めています。 医療機関の中には7対1看護を死守するために新卒看護師を大量に採用して、人数を維持している病院もあるのです。

そうすると色々な問題がでてきました。 中間層で働き盛りの看護師の人材が薄いのにもかかわらず強引に大量の新卒ナースを採用したら病院内のマネジメント体制は混乱をきたします。 研修や教育面が手薄になってしまい、その結果として新卒看護師が大量の離職をしてしまうようになりました。

だから、ぎりぎりの看護師の人数によって7対1看護をなんとかキープしているような医療機関では、ハードな仕事が続いて慢性的に忙しく休日や休憩が充分にとれないケースも散見されます。 要するに<休みがとりやすいか>とか<余裕を持って看護業務ができるか>という側面で見る場合には7対1看護とか10対1看護という情報だけでは不十分です。

ベテラン看護師が多いのか、それても新人ナースが多いのか――こういった看護師の質を調べておく必要があります。 以上、看護師が転職する場合、7対1看護か10対1看護かをテーマに考えてみました。

7対1看護が余裕をもって仕事をできるとは一概に言えません。 けれども7対1看護の病院では、診療報酬が最高ランクですから経営的には有利であることは否定できません。 給与面や設備面は良い条件である可能性は高いです。 病院の経営状態や将来性を考えると7対1看護を実現している病院を選択する方が有利だと考えられると思います。

医療事故の原因と看護職賠償責任保険

看護師は人の命を預かる大切な役目を持っている仕事です。 そして近頃たびたび耳にするのが医療事故に関する報道です。 医療現場は医師不足・看護師不足に陥っています。 オーバーワークになっているので多くの病院や医療機関が人材不足に悲鳴をあげています。
ここでは、医療事故の原因と看護職賠償責任保険についてお話をしたいと思います。 超過勤務については問題視されています。 人命を預かる仕事にもかかわず超過勤務になると集中力もなくなってくるからです。 それが慢性化することによって医療ミス・医療事故が発生してしまうのです。

また患者様の一昔と比較すると医療ミスで訴訟を起こすケースが増えてきています。 医師も看護師も下手に手を出してしまうと訴えられるので、慎重な仕事にならざるを得なくなっています。医療事故から訴訟になるケースは全国ニュースで報道されている件数よりも毎年増加傾向になっています。

その理由は、看護師業務が多様化していることと看護師の人数が不足していることです。 看護師が自分自身で判断してしなければならない医療補助業務が増加しています。 そのことは看護師自らが責任を負うシーンが増えているということに他なりません。 どれだけ看護師が真剣に仕事に取り組んでいてもいろいろな要因が重なり医療事故になることはあります。

看護師が担当している患者様が看護師の目を盗み勝手に歩いて怪我をした場合を考えてみましょう。 これは看護師の管理不足ということで責任が追及されます。 何名もの患者様を担当している看護師にとり一人だけを勤務時間中、ずっと監視するのは不可能です。 けれども現状はそういった規則にしばられているので仕方がありません。

こういったケースに看護師をサポートする保険があります。 それが看護職賠償責任保険です。 この保険に加入しておけば損害賠償責任を問われたときに看護師自身が自分を守ることができます。

看護師が転職する場合にこの保険に加入しておかなければならないというルールはありません。 ですが大部分の看護師はリスク回避のためにこの看護職賠償責任保険に入っているのが事実です。 掛け金も年間で約3,000円とリーズナブルです。

看護師として転職したり復職する場合はこの看護職賠償責任保険に加入しておけば精神的にも楽ですし、損をすることはないでしょう。

看護師が転職する季節は春夏秋冬のいつが良い?

「看護師という職業は離職率・転職率・復職率が高い仕事だ」と言われています。 では、看護師が転職をする場合に最適なタイミングはいつなのでしょうか? ここでは、看護師が転職する季節は春夏秋冬のいつが良いかに迫ってみましょう。 季節毎に検証してみることにします。

1番目は春

――3月から4月の年度替わりの時期です。 この季節は1年の中でも一番求人数が多くなるタイミングですからイチオシです。 転職にはベストシーズンだと思います。 病院内での異動も多い時期ですから、どのセクションにどれだけの人員を配置するか検討する時期でしょう。

転職希望の看護師が、この時期の前に内定を貰っていれば、希望するセクションへ配属できる可能性も大きくなります。逆算すれば正月明けに新年には転職活動をスタートすると良いことになります。

2番目は夏

――7月から9月頃を考えます。 この時期の少し前の6月にはボーナスが支給されます。 夏のボーナスを貰ってから転職するというパターンです。 しかしながら、この時期の求人数は春と比較すると少ないのがネックになります。

夏期休暇がありますから転職活動として動きやすいとは言えますが、逆に先方の人事担当者とのスケジュール調整が難しくなるという問題があります。 夏に転職を考えるならばボーナスを貰う前に活動することを意識しておきましょう。

3番目は秋

――10月から11月の時期です。 夏のボーナスを貰ったあとから転職活動をスタートした場合には、実際にこの時期での就職になるでしょう。しかし、冬のボーナスをもらえるかどうかは微妙です。

査定がありますから、冬のボーナス査定の対象にならないことは充分に考えられます。 あまりおすすめできない時期でしょう。

4番目は冬

――新年から3月までの時期です。 以前の職場を退職して再就職するには最も不向きな時期ですが、就職活動にはベストシーズンです。 就職活動の時間は意外と長くかかります。 情報収集から書類選考・面接などがあり内定をいただくには数カ月はかかるでしょう。

以上のように、春がベストシーズンになりますから冬に充分な転職活動をしているのが理想的です。 冬のボーナスを貰ったあと転職先をさがすわけです。 次の夏のボーナスは微妙ですが、後腐れも無く転職宣言できると思います。

看護師さんの気になる勤務形態

看護師さんって夜も働いているけど、ちゃんとシフト通りの勤務なのかな? なんてちょっと気になる看護師さんの勤務体制。もちろん各病院によって細かな時間設定は変わりますが、日勤と夜勤の2交代制もしくは日勤・準夜勤・深夜勤の3交代制です。

 2交代制勤務の方は、夜勤明けは翌日が休みとなり、自分の時間を取りやすいようですが、一方で3交代制の方は、日勤に続く深夜勤務などのシフトを組まれる場合もあるようです。  勤務時間を比較すると、日勤の勤務時間はさほど変わりません。しかし2交代制の深夜は約16時間、3交代制は準夜勤・深夜勤はそれぞれ8時間勤務となっています。

 では当然、夜勤手当も変わってくるはずですよね。  夜勤などの勤務は国からの規定がありまして、2交代制では月4回、3交代制では月8回までとなっています。  金額では、2交代制の深夜の方が若干高くなっていますが、回数規定がありますので合計金額ではさほど差は出ないようです。

 夜勤などがあるのは主に病院勤務の看護師さんですが、他の施設ではまた違った勤務形態があります。  たとえば大規模な病院では月の中で休日日数が決められており、夜勤平均4回の2交代制。  対して診療所やクリニックでは週休二日の日勤のみ。同じ病院でも休日の取得方法に違いがあるようです。  

 訪問看護ステーションでは日勤が主であり、休日は一般企業と同じような土日祝日のようです。家族と旅行へ行きたい方は都合が合わせやすいですね。

 そして激務のイメージがある救急病院や救急外来の方の勤務形態ですが、夜勤と日勤の2交代制がほとんどです。残業で働くというよりは、引き継ぎをきっちりして交代するようです。  こちらも月の中で休日の日数が決められているようで、カレンダー通りのシフトとはいかないようです。

 最後にオペ室での勤務形態ですが、意外にも日勤のみというところが多いようです。  なぜなら手術はあらかじめ日程が決まっていますよね。ですから休日もカレンダー通りで働きやすいのではないでしょうか。

 ですが、オペ室業務は手当がある分、仕事の内容は精神力が必要な内容となっています。  看護師さんの勤務形態は総じて楽という部類ではないですが、相応の手当が付くところに頑張り甲斐がありますね。

どのような勤務形態であろうとも、家族はもちろん、自分の体調のことも考えて充実した看護師さんであってほしいです。

看護師の医療行為の賛否両論

2013年11月、厚生労働省は医師が指示をしなくても一部の医療行為が看護師でもできるようにする制度の創設を決めました。 国が指定する研修を修了しておけば看護師が自分の判断によって脱水症状の患者へ点滴したり気管挿管ができるようになります。

もしも医師がその場にいなかった場合でも患者様の急変に迅速に対応できるとの期待があります。 ここでは、看護師の医療行為の賛否両論についてご紹介いたしましょう。

まずは賛成意見です。

(1)医師の業務負担が軽減されます。
(2)医師は高度な治療に専念することができます。
(3)病院での待ち時間の短縮が期待できます。

次に反対意見です。

(1)現状は医師と同様に看護師も不足しているから、負担が大きいのは医師も看護師も同じです。
(2)医療の安全面の問題があります。
(3)医療事故が起きた場合に看護師を守る必要があるので危険な医療行為は除外するべきです。

例えば、日本医師会は「危険が伴う気管挿管は特定行為から除外するべき」という意見を出しています。 特定行為41について、ご紹介しておきましょう。 これは医師が主にしてきた41種類の医療行為のことです。 たとえば、次のような行為があります。

・床ずれで壊死した部分の切除 ・点滴中の高カロリー輸液量の調整 ・抗不安薬を飲ませること

看護師が転職する理由の一つに医療事故の不安ということがあります。 その一方で医療の分野では看護師がもっと幅広い仕事をするべきだとする意見もあります。 医師は専門分野には詳しい知識がありますが全体を見ることは弱い部分があるようです。

看護師が診断技術を磨けば医師以上に優れた医療を提供できる可能性があるという期待も大きいのです。 さまざまな立場での意見や考えがあります。

以上、看護師の医療行為の賛否両論についてご紹介いたしました。 看護師の判断だけで一定の医療行為ができるようになる<看護師の医療行為>の制度改正案に関しては注目しておきたいです。