看護師のキャリアアップ

長く看護師として働くのであれば、キャリアを身に着つけてステップアップしていきたいですよね。では、看護師のキャリアアップとはどのよなものなのでしょうか。

看護師をやっていくうえで、やはり第一に目指したいと思うのが看護師長や看護部長ではないでしょうか。

看護師長はナースステーションなどの現場で看護師の人事やスケジュールの調整、看護職に対する教育、指導、また医療事故防止などの業務を担当して現場の看護師たちを指導していく立場です。

一方、看護部長は師長よりも上の立場になり、院内全体のナースステーションや看護部をまとめていく管理職です。看護部全体の目標や方針を定め、医療事故防止の責任的立場となり院内の他部署との連携も図っていかなければいけません。

看護師は看護師長、副看護部長、看護部長などの職位で管理経験が条件を満たしていれば認定審査を受けられる日本看護協会による認定管理者という資格があります。

この日本看護協会が認定をする認定看護師と専門看護師は看護のプロフェッショナルと言ってもいいでしょう。認定看護師は緩和ケアやがん化学療法看護などの21分野、専門看護師は小児看護やがん看護など10分野があります。

高スキルで熟練した看護師技術や、看護実践能力を持つとされる看護師であると認められた資格で、看護師へのコンサルテーションや医療チーム内のコーディネートなどの役割を担うこともあります。

看護の分野のレベルの向上や各分野の専門家を進めていくためには、この認定看護師や専門看護師はキャリアアップに欠かすことができない資格の1つとなっています。

看護師の仕事には、介護ケアという分野の仕事もあります。これから進んでいくといわれている高齢化社会には看護と介護は切っても切れない業務になってきます。そこで、看護技術を身につけた看護師が新たに介護の勉強をして資格を取得したいと考える人が増えてきているようです。

看護師と介護士の資格を両方持っていれば高齢者施設への転職も有利になるかもしれません。